飴琉の不定期日記ー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は出かける前から玄関前が騒がしかった。

案の定お隣の下の子がお隣のドアの前で泣きわめいていた。

 目が合う。

にこりと笑って手を振るわたし。



なんと薄情な。



仕方ないよ、バーゲン間に合わないし

仕方ないよ、だってわたしも、お隣サン怖いんだもの


階段を駆け降りると、上の子に遭遇。どうやら自転車を階段の上へ運びたいらしい。

うーんうーんと唸るが、一向に持ちあがる気配もない

(一度通り過ぎようとしてまわれ右)手伝おか?上持ってくの?

持ち上げ踊り場まで来たところで「ここでいい」。

お?半分あるぞ?と思ったが、ちらとお隣サンが見えたので妙に

「これは彼女的に母親に見られたらアウトなのやもしれぬ」と納得し

そうか、じゃあガンバッテネと言ってそそくさと立ち去る。



なんと薄情な。


仕方ないよ、バーゲンが待ってるんだし

仕方ないよ、だってわたしだって、お隣サン怖いんだもの。


帰って母親にこの話をしたら、何故エレベーターを使うことを提案しなかったのかと言われた。

わたくしとしたことが気がつかなかったな。

いや、なにか、彼女なりに、もしくは、母親と彼女との間に、なにか、あったのかもしれない。


そんな、休日。


さて、忙しいです


目回るとかそれどころじゃないから。


でも、このほうがわたしらしくいられるきがするのね



うまくいくこと、うまくいかないこと、ふたつを比べた時にまずちがったことは

それを背負っていく覚悟があるか、ないか


であった。

そう、思わないだけで、手を抜こうと思っているわけでもないのに、こうなってしまうのが恐ろしい

思えば、わりと、なんでも、一生懸命やろうとは、思っていたと思ったけれど


わからないものが、まだたくさん あるもので



じんせいというのは、じつにおもしろい


にんげんというのも、また理解しがたく、また理解できるものであるかな
スポンサーサイト
<< すごく放置してたんだけれども // HOME // 飴、牛になる >>
優しさに萌えたっ!


FF7物語の続き楽しみだなあ('
【2010/10/12 Tue】 URL // もりゃー #- [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/12/20 Mon】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://amelucandy.blog103.fc2.com/tb.php/96-56ba92b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。